考察 の記事一覧
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  精神状態、体の構造  
2007.03.13.Tue / 00:02 
考察ってわけでもないけど、なんとなく思ったこと。

今まで、投げ方についてあーだこーだ悩んできたわけですが・・・

えーと、その、なんだ。
▽Open more.
スポンサーサイト
No.36 / 考察 /  comments(7)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  なんとなく考えてたこと。  
2007.03.07.Wed / 14:15 
俺って相当ダーツにはまってるんよなぁ。
四六時中ダーツのこと考えてたりするし。

思えば去年の4月にだいと2人でダーツ部を作った。
部員が1人ずつ集まり、今では16名程度の規模になった。
サークルからの出なのでこの人数はかなりのものだろう。
そろそろダーツを始めて1年になる。

1年といっても研究が忙しくなったりして2,3ヶ月投げれない時期があったので正確にはまだ10ヶ月やそこらだろう。
当時レーティングが3であったものが、9近くまでにあがっている。
細かく言うと、1月は6だったのに2月に入ってグングン上昇し、2月末にはついに念願のBBフライトにまでなった。

やっぱり練習量に比例して上達するもんだな、と思った。
また、ダーツは生涯スポーツ。
老若男女、誰もできる。
良いスポーツにめぐり合えたものだ。

でも。
1年経っても。

本当のダーツをしてないような気がする。

仲間内でわいわい投げるのは楽しい。
けど何か違う。

多分。

本当の意味で「強くなりたい」んだと思う。
やっぱり負けるとすごい悔しいし、自然と練習量も増える。
なんで負けたか、とか自分なりに反省したりする。
普段の練習もそう。
最初は効き目が左であっただけですごい不安になって。
まっすぐ引けない、まっすぐ出せない。
それから色々工夫をしたりした。
効き目が左ってハンデなの?と思えるようになったのはつい最近のこと。
ダーツのもち方にしてもだいぶ苦労してきた。
テイクバックに関しては一番悩んだ気がする。

「うまくなる」には技術が必要だろう。
でも、「強くなる」には精神的に強くなる必要もある。
度胸がない自分としてはここを鍛える必要がある。

「場馴れ」。

この単語が今の自分に必要不可欠だろう。
場の雰囲気に飲まれない、自分のペースでいける、など。
いわゆる「勝負強さ」を身に付けたい。

では、技術面ではどうか。
一番最初はただ闇雲に投げ続けてきた。
少し上達したら闇雲に投げるだけでは上達しなくなってきた。
それからは1投1投大事に投げてきたつもり。
・・・でも本当に1投1投考えながら投げたか?


答えは「NO」である。


何も考えずに投げたこともあるし、本当に適当に投げたこともある。
けど、そこから得たものもあるし、本当にどうでもいい1投になってしまったこともある。
初心者に「1投1投考えながら投げた方が良いよ」と言ったことがあるが、すごい軽はずみな発言だったのかもしれない。
「うまくなったつもり」ダーツァーにはなりたくないな。
でも、自分なりの意志を持って意見交換したり、アドバイスなりをしていければ、と思う。

少し後悔していること。

「ダーツバーへ足を運ぶ機会が少なかった」こと。

理系学生は研究で忙しい→バイトがあまりできない→お金がない→ダーツバーに行きづらい

はたから見れば言い訳にしか過ぎないなーと思った。
投げ放題のお店に行く回数を2回(3時間とか)減らせばいけたりするし。
上達するための「起爆剤」はズバリ「知らない人と勝負する」ことが一つであると思っている。
そこから色々情報交換もできるし、うまくいけば何か掴めるかもしれない。
そんなことを出来ぬまま、一人で悩んで投げ続けている。
中には半年でCUが4桁いく人もいる。
そういう人は頻繁にバーへ寄り、練習しているからだろう。
禄に意見交換もせず、独学でやり続けるとどうしても上達に時間がかかってしまうのではないか。
それを裏付けるかのように、最近ダーツバーへ行ったり、良く行く投げ放題のお店で知らない人と勝負を申し込んだりすることによって技術面が飛躍的に向上している。

・・・こういうことを考えると結構お金のかかるスポーツだなぁとも思ったりすることがあるw


--------------------------------------------------------


こんなことを夜中にぽかーんと思ってた次第です。
長文駄文お許しを。
No.35 / 考察 /  comments(9)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  フォーム考察。  
2007.02.05.Mon / 16:32 
今日は就職先の健康診断で、帰ってから1時間ほど投げてきました。
ライブは空いてなかったのでアバンテエリート。(あれってアバンチ?

始めにカウントアップをしたのですが、うまいこと左にずれます。
決まってT11とBullの間らへんに集まります。
もしやダーツの先っちょがT11に向いてるのか・・・?
多分今の投げ方はこうなってると思います↓

左基準左投げ


構えのときに左目に的とダーツを合わせます。
テイクバックのときに、腕の構造上、少し傾いた円を描いてしまうので、矢が左側に向いてしまいます。
頭の中では真っ直ぐ引いてるつもりなので、そのまま真っ直ぐ出すと左に刺さる・・・。
こんな感じなのではないか?と疑いました。

注意してスローモーションでやったところ、大体ですがそのような傾向にあることがわかりました。
これは直さねば!

どうすれば・・・と考えた挙句、的の中心を右目に合わせることにしました。
つまりこういうこと↓

左基準右投げ


どうしても構造上右腕が右側に来るのであれば、それを中心に持ってくればいいじゃないの?と思い立ってこんな感じにしてみました。
試しに投げてみると、結構入る感じでした。


試しに自分しばりでクリケットナンバー1種類ずつのカウントアップをしました。
言い方難しいな・・・。
要は20だけでカウントアップ、19だけでカウントアップ・・・てな具合です。
で、1ゲーム中で何マーク入ったか。
これを数えてみました。

結果はこんな感じ。

20・・・18、20、21
19・・・24、30、20
18・・・14、27、21
17・・・21、39、25
16・・・16、23、28
15・・・29、22、23

はっきりと強いところ、弱いところ出てきました。
しかし17の39マークとかありえん・・・。
目標は全部24マークにすることですね。
フォームっていうか立ち位置なんですが、こっちのが入るイメージ作りやすくなりました。
しばらくこっちの立ち方でやってみようと思います。

最後にBullを何ゲームか。
何本入るかしら。

1回目:12本 2回目:14本 3回目:12本 4回目:12本 5回目:6本
6回目:13本 7回目:13本

5回目はともかく、12本くらいは入るようになりました。
立ち方って重要だなとつくづく思う今日この頃なのでした。。

この調子で12本アベ目指すぞー。
No.29 / 考察 /  comments(61)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
| BLOG TOP |
CopyRight 2006 日々、是、ダーツ也。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。